PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
キラキラパーツ

キラキラブログパーツ

[PR] タイピング女子大集合!

☆我が家の猫たち

クー
誕生日 4月15日 女の子
本当の日にちは分からないので、
私が付けた誕生日です。
好奇心旺盛で暴れん坊。
大暴れで破壊王。


スー
誕生日 4月15日 男の子
こちらも私が付けた誕生日。
最近、体も大きくなって力も
強くなって破壊王。
キラキラの足跡

キラキラブログパーツ

[PR] 好きな文章でタイピング!

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    夏休みの思い出の続きの続き
    5
    JUGEMテーマ:ねこのきもち


    恐る恐る一歩踏み出した僕。
    最初に感じたのは、

    「外、超ー涼しい!!」

    でした。

    うちは今時珍しい、くーらーが一台もない家です。

    達人間は、夏の暑い時期は開けた窓から入ってくる風と、
    せんぷうきとうちわで凌いでいます。

    僕とクーは、フローリングやタイルの玄関土間を転々とします。

    この時、午後6時をまわっていましたが家の中は夕方の西日の
    せいで蒸し風呂状態。

    温度計も、33℃とか34℃を差していました。

    それでも一番暑い時間よりマシになった方。この日は最高気温
    35度になりました。

    それに比べて外は風こそそんなにないけど、家の中みたいに
    熱がこもっていなくてとても涼しく感じました。

    初めて自分の足で出たそこは、まだ玄関と同じタイルが続いて
    いたけど何だか違うタイルみたい。

    少し進むと段差があり、そこからはコンクリートの駐車場。

    隅にはいつもが布団を干している布団用物干し。


                代理モデルオケ兄


    「ふんふん、こんな匂いがするんか」

    向きを変えると、そこにはいつも僕たちをびょーいんに連れて行く
    憎き車の姿が。

    おばはん(月夜の黒猫母)の仕事の通勤に、買い物にと毎日
    走り回っているワゴンR。通称ゴン子。

    「何かお前は、いろんな匂いがすんな」

    初めて自分の足で外に出て、いろんな物の臭いをかいで僕は
    大興奮!!

    すっかり、鳩の雛のことを忘れてしまっていました。




    「そういえばスー見ぃひんな(見ないな)、どこ行った?」

    しばらくすると家の中からの声がします。

    その時僕は、庭の丸い石の臭いをかいでいました。

    いつも部屋の窓から見えるのですが、これっていったい
    何なんでしょう?




         「お前、何者?漬物石?」代理モデル



    マズイです。テレビ番組が終わり、が僕たちの確認を始めました。

    「クーはおるけど…スー!スーどこや!?」

    ドンドンと、二階へ上っていく足音がします。

    「スー!?」

    の声に、段々怒りがこもっていくような…。

    「玄関の方に帰った方がええかな…」

    僕は恐る恐る玄関の方へ向かいました。

    「ゲート開いとる!ちょうど猫一匹出られるくらい!」

    とうとう二階から下りてきたが、僕が広げたゲートの隙間に
    気付きました。

    僕が玄関前に着いた時、パッとライトが付きました。

    とっさに、僕は横にあった水まき用のホースリールの陰に
    隠れました。

    ガチャンッと音がして、ゲートを開けてが出てきました。

    キョロキョロと、やっぱり僕を探しているよう。

    その時、ホースリールの蔭から顔を出している僕と

    「……」

    「……」

    目が合いました。

    「おった、やっぱり外や!」

    が家の中に向かって叫びました。家の中では見慣れたも、
    外で見るのは初めて。何だか怒っているようなオーラも見えるし

    「スー、おいで」

    いつもなら、おいでと言われたら何か貰えるかもしれないから
    嬉しくなって寄っていくのですが、この時は…

    見ればゲートは開け放されていて、今にも家に入れそうなのに
    僕の足はの方ではなく、なぜか庭の方に向かってしまいました。

    「なんとなく逃げ……」




    は慌てて近づいて来ることはありませんでした。

    「クー見とって」

    玄関はドアもゲートも開けたままなので、クーも出られる状態でした。

    そこは、家の中にいるおばはんにクーが出て行かない様に
    指示していました。

    (ぬかりないな…)

    僕がそう思っていると、はちょうどゴン子の助手席側のドアの
    前に来てゆっくりその場にしゃがみました。

    そして、左手をゆっくり前に出すと

    「スー、こっちおいで」

    と言いました。

    この時僕は、ちょうどいつもいる居間の外にいてそこの網戸には昔
    サチコおばちゃん、ミケ姉、オケ兄が使っていた猫ドアがあります。

    今はテープでとめられて使えないようになっていますが、
    そこからいつもの見慣れた家の中が見えました。

    「…家に入りたいなぁ…」

    と思っていると

    「クーちゃん、クーちゃん、行ったらあかん」

    「ゴロゴロゴロ…」

    クーを引きとめておくために、おばはんがクーをかまっているようでした。

    「…ええなぁ…、おれもかまってほしい…」

    「ほらスー、おいで。帰ろう」

    「……」

    本当は、まだちょっと怖かったけど、僕はゆっくりに近づきました。

    はしゃがみ込んだままずっと動かず、僕が近づくのをじっと
    待っていました。

    伸ばされた指先の臭いをかぐと、ご飯の支度の時に刻んだ
    肉や野菜の臭いがしましたが、まぎれもなくの臭いでした。

    指にスリスリすると、いつものようにほっぺを撫でてくれました。

    それから頭、首の後ろと撫でてくれていると思ったら、

    ガシッ!

    突然、首根っこを掴まれました。

    そのままズルズルとの方に引き寄せられ、足もとまで来ると
    わきの下をがっしり掴まれてそのまま持ち上げられました。

    「……」

    僕が茫然としていると、そのまま玄関へ向かって歩き始めました。

    「はい、回収〜」

    あっという間の出来事で、気付いたら僕は家の中にいました。




    僕が家に入ると、それまで溜まっていたの怒りが爆発!

    「これでみんな前科もんや!!」
    (すでにクーは一度脱走済み。)

    と言って、とりつく島がありません。

    うちの罰は、叩かれたりご飯を抜かれたりすることはありません。

    「こらー」なんて言うのは挨拶みたいなもので、怖くもなんとも
    ありません。

    うちの罰は、悪いことが見つかったその時から次の朝が
    目を覚ますまで、ずっと無視されることです。

    これは、初代のニュウコ姉の頃からの恒例で目を合わせて
    もらえず、口もきいてもらえません。

    これが結構、こたえます。
    僕も一晩、口をきいてもらえませんでした…。




    すっかり忘れていた鳩の雛ですが、僕が外に出るとケダモノの
    気配に気付いたのか、まったく鳴かなくなりました。

    次の朝、家の裏の方から声がしました。
    どうやら歩いて移動したようです。

    親鳥が来て、昨日と違う場所から声がするので不思議そうな
    顔をしていました。

    更に次の日には、もっと遠くから声がしました。

    日に日に遠ざかっていくので、怪我が良くなってどんどん移動して
    いるようでした。

    雛を見つけてから3日目には、まったく声を聞かなくなりました。
    怪我が治って、親鳥と一緒に飛んでいったのだと思います。

    実はこの次の日、つまり雛を見つけてから4日目には台風上陸で
    ギリギリのタイミングでした。





                     俺

    やっと夏休みの宿題終わったー!

    空ままさん、てんつくさん、あおむくさん、コメントありがとー。
    お返事出来ひんでゴメンなー。

    が夏眠でサボり癖がついた上に、ぱそこんの調子も
    悪ぅていつ止まるかとびくびくしながら書いたんやってー。

    そろそろ買い替え時ちゃうかー?びすたやし・・・。

    ほな、またなー。(ミケ姉風)




    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 23:31 | comments(2) | - | - |
    夏休みの思い出の続き
    6
    JUGEMテーマ:ねこのきもち

    お昼をまわり、気温はぐんぐん上がりました。

    このころの僕が住んでる地域は、すでに2週間一滴の雨も
    降らず、気温も35度を超す猛暑日が続いていました。

    この日も強い日差しが照りつけていました。

    ふと見ると、石の上にいた雛の姿が見えません。

    でもどこからか、お母ちゃんが恋しいのかピーピーと
    鳴く声が聞こえます。

    お母ちゃん鳥がえさを与えに来てから、もう5時間くらいたって
    います。

    うちのも出かけたら長い時間帰ってこない鉄砲玉ですが、
    鳩のお母ちゃんも鉄砲玉やなぁと思いました。



    2時くらいになって、が庭に水をまこうと表に出ました。

    庭からは相変わらず、ピーピーと鳴く声。

    「どこに居るんのかな?」

    雛をおどかさないよう庭のあちこちを見ていると、居ました!

    僕たちがいる家の方からは角度的に見えない、木の下に
    うずくまっています。

    「今日は植木さんに水辛抱してもらわなあかんな」

    が言うには、親鳥が来たのに一緒に飛んで行かないのは
    もしかしたら羽を怪我しているのかもしれないとのことでした。

    日陰になっている木の下に移動できたということは、足は
    大丈夫ということ。

    怪我をして弱っている所へ水をまいてビショビショになると、
    体力が落ちて最悪、死んでしまうかもしれないとのことでした。

    結局、庭に水をまかず、蒸し暑い時間が過ぎて夕方になりました。



    うちの玄関は南に向いているので、風向きが南の時は
    玄関からいい風が入ってきます。

    なので暑い間は、日が暮れるまで玄関は開けっぱなしです。

    でもゲートがあるので、僕とクーが出ることはできません。






    外からは、相変わらずピーピーと鳴く声がします。

    夕方になり、5時くらいにまたお母ちゃん鳥が来ました。

    雛は餌をもらっていましたが、やっぱり一緒に飛んでいきません。

    しばらく雛と一緒にいましたが、お母ちゃん鳥はまた
    飛んで行ってしまいました。

    もうすぐ日が暮れるので、お家に帰ってしまったのかもしれません。

    おいて行かれた雛は、またピーピーと鳴き出しました。

    このままたった一羽で、夜を過ごさなければならないので
    心細いのでしょう。

    「あんなにピーピー鳴かれたら、野生が騒いでまうな。
      出られへんけど。」

    朝からずっと雛の声を聞かされ続けて、僕は雛を捕まえたい
    気分になりました。

    でもゲートがあるので出られません。

    諦めかけていましたが、ふと見るといつもはドアの開口部を
    ぴったり閉じるように置かれているゲートが、少し手前に
    ずれています。



                 後日、再現写真

    「これなら、もうちょっと引っ張ったら出られそう!」

    時間はちょうどご飯時。

    もおばはんも、テレビを見ながらご飯を食べています。

    僕は、何度か手でゲートを引っ張って隙間を広げ、
    何とか体を入れられるスペースを作りました。

    何せはデビルイヤーなので、大きな音は出せません。

    僕はゆっくり隙間に体を入れ、僕一人が通れるスペースを
    確保しました。

    ゲートの向こうの網戸は、カーテン状になっているので
    簡単にくぐることができます。




    この家に来て1年と1ヶ月。僕はちょっと緊張しながら、
    ゆっくりと外へ一歩踏み出しました。



          「おれとちゃう(違う)で。代理モデルオケ兄ぃ」


    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 22:24 | comments(3) | - | - |
    夏休みの思い出(作文風)
    9
    JUGEMテーマ:ねこのきもち

    夏休みの思い出
               月夜のスー


    その日、僕の家に珍客が来ました。
    最初に気付いたのは、クーでした。

    「ウケケー!」
    クーが見ている先を見て、僕も
    「ウケケー」
    と言っていると、がやってきました。

    「なんやの、うるさいなぁ」
    そう言ってカーテンを開けると、僕とクーが
    ウケケと言っている理由が分かったみたいです。

    「鳩やな。通りで。」
    僕とクーは鳩にウケケと言っていました。
    庭の大きな石の上に、鳩がちょこんと座っていたのです。

    「もうすぐ暑なってくるし、じきに飛んで行ってまうやろ」
    そう言ってカーテンを閉めてしまいましたが、窓は
    開けておいてくれたので、僕たちはずっと鳩を眺めていました。

    この時、時間は朝の7時くらい。ずっと、ウケケケと言いながら
    見ていたのですが、ちっとも動きません。
    たまに寂しいのか、ピーピーと鳴くばかりです。

    動かないものを見ていると退屈なので、僕は一度
    窓から離れて涼しい所で寝ました。
    この間、クーは飽きることなく見ていたようです。


    「ピー!ピュイピュイ」
    今までと違う声で鳴いたので、僕は飛び起きて
    窓に駆け寄りました。
    見ると、鳩が2羽に増えています。

    鳩の声を聞きつけて、片づけをしていたもやってきました。
    はデビルイヤーの持ち主なので、隣の部屋からでも
    鳩の声を聞きつけることができます。

    「やっぱり雛やったんやな。通りで動かへんと思った。」
    そういえば、この日の一カ月くらい前、裏にある
    トタン板の屋根にスズメがとまっていました。

    僕たちが「ウケケケー」と言っても知らん顔で、
    まったく動こうとしませんでした。
    その後しばらくしてスズメがもう一羽来ると、いっしょに
    飛んでいきました。親鳥だったみたいです。

    この時増えたのも、鳩の親鳥でした。
    口移しでえさをもらって、羽根をバタバタさせてうれしそうでした。
    でも、餌を与え終わると親鳥はまたどこかへ飛んで行ってしまい、
    石の上には雛がぽつんと取り残されました。

    この時、時間は朝の8時頃。石の上はまだ日陰で
    涼しいですが、お昼をまわると直射日光が当たります。



    朝11時。掃除をしていたが、終わらせて部屋に戻ってきました。
    「どうや?飛んでいった?」
    「ちっとも動かん」
    「である」
    親鳥が飛んで行って3時間ほど。この間、雛は
    ほとんど向きも変えず同じ姿でじっとしていました。

    「もうすぐ日が当たるからなぁ、大丈夫かなぁ…
    「おれ、飽きた」
    「我輩、眠い…」
    僕は時々窓から離れて寝たりしましたが、クーは
    たまにうたた寝しながらずっと見ていたようです。

    はお昼ご飯の用意、僕とクーは疲れたので
    いつものベッドで寝ました。
    日差しもどんどん強くなり、気温もぐんぐん上がっていました。


    お昼の1時。石の上に直射日光が当たる時間が来ました。



          「書ききれずに続いてしまったりする…」




      「まだ冬眠ならぬ、夏眠ボケしているであるな」




     
    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 21:36 | comments(2) | - | - |
    クー&スー、今日でちょうど一年
    8
    JUGEMテーマ:ねこのきもち
     
    こんばんは 月夜の黒猫です。


    クー&スーがうちの子になって、ちょうど一年経ちました。


    今日の兵庫県の天気は、午前中から雨が降り出し時折雷も鳴って
    激しく降り、午後3時ごろに回復に向かいました。


    実は、一年前の今日もほぼ同じような天気。


    クースーを迎えに行くまでは雨が降り続き、クースーの出身地(姫路)
    に着くころには雨も上がり、家に帰りつくころには晴れて強い日差しが照りつけていました。


    10月10日が晴れの得意日なように、7月15日は雨から快晴の
    得意日なのかなと思うくらいでした。


    ここで秘蔵写真。








    7月下旬の写真で、厳密に言うと一年前の今日の写真では
    ありませんが、ほぼ一年前はこんな姿でした。


    ち…小さい!!特にスー。クーも頭が大きくて、重そう。


    こんなに小さかったクースーですが、現在は…。





    デカッ!   スー、デカすぎ!!





    太ッ!   クー、太すぎ!!


    と、こんな感じでスーは縦に、クーは横にこんなに大きくなりました。


    最初の一年は、風邪をひいたり(クーは元々ひいていた)膀胱炎に
    なったり、血便出したり去勢、避妊手術をしたりと慌ただしく過ぎて
    いきましたが、今年からはもっと、ゆったりと過ごせるかな?


    また一年、元気に過ごしてもらいたいものです。

                       
                       
                       

    クーのダイエットですが、停滞期に入りました。
    最初200グラムは順調に落ちたのですが、それから止まってしまって
    まだ5キロ台です。


    ダイエットが失敗する第一関門は、この停滞期を乗り切れない
    ことだそうです。
    目に見えた成果が得られないことで、ダイエットを続ける気力が
    無くなってしまうからとか…。


    クーもここが踏ん張りどころですね。


    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 22:18 | comments(5) | - | - |
    クー、ダイエット作戦
    7
    JUGEMテーマ:ねこのきもち

    こんばんは 月夜の黒猫です


    突然ですが、クーにダイエット命令が下りました。


    このところ、何かにつけて不調続きのクーでしたが
    食べ過ぎによる、肥満が原因ではないかと思えてきました。


    昨日、その前日からくしゃみのひどかったクーを病院に連れて
    行きました。
    避妊手術の抜糸以来、約半年ぶりの病院です。


    診察台は体重計にもなっていて、表示された数字にびっくり!!


    5.2キロ!!


    大きな男の子ほどもある体重でした。




     
                        太ってしまったである…



    そういえば、思い当たることが多々…。


    最近、よく食べるなと思いながら置き餌なので、無くなっていたら
    その度に継ぎ足していたこと…。


    新月と満月の度に、スーがサカリごっこをしてクーに乗っかろうと
    していたこと。


    その度に、クーの食べる回数が増えているように思えたこと…。


    よく遊んでいるから大丈夫と、油断した私も悪いんです。
    気付いていたのに、止めなかった。


    前回のお話の血便も、食べ過ぎによる消化不良が原因かもしれません。


    なので、ダイエット決定です!!





             「俺、ダイエットせんでもええねんけど…」
             「あんたにも責任の一端があるからな。」





    とはいっても、今まで置き餌だったのを急に時間ごとに変えるのは
    難しいので、カップで量った2匹分のフードをお皿に入れて置き餌に
    しました。


    遊びも、急に激しくすると余分なお肉のせいで体への負担が大きい
    ので5分遊んだら10分休んで、という感じです。


    その間、痩せる必要のないスーは全力疾走で遊ばせます。
    疲れたら、寝ころんで動こうとしなくなるので次はクーの番。


    という感じで、交互に遊んでいます。
    やっぱり痩せるには、遊ぶのが一番だと思うので…。




    先ほどの、ご飯の話ですが置き餌にしていたら、スーの分も
    クーが食べてしまうんじゃないの?と思われるかもしれませんが、
    実はちょっと不思議なことが起こっています。


    昨日、病院から帰って来てからクーの食べる回数が少し減っています。


    病院へ行くまでと、病院から帰宅するまでにギャーギャー鳴いた
    ので疲れているのかなと思っていました。


    もちろん疲れてもいたでしょうが、それまでは目がトロンとしていて
    何だかイライラしている様に見えたのですが、病院から帰って来て
    ひと眠りした後、スッキリした顔になっていたのです。


    「ストレス溜まっとたんや!


    変わり映えのしない毎日、大潮ごとに繰り返されるスーのサカリごっこ。


    そのストレスを、食べることで発散していたのかもしれません。
    気付いてやれずにごめんねクー。


    そして昨日、久しぶりの外出。行先は病院だけど…。
    狭いキャリーに入れられて、車に乗せられてと、ひどい目に遭い
    ましたが、診察台に乗せられ、先生の顔や診察室の中を見回して
    いるうちにクーの顔つきが変わってきたように感じました。


    以前にもお話しましたが、クーは自分に害のない人間は怖がらない
    傾向にあります。今回は検温しただけで、注射も何もしませんでした。


    「少しくらい熱があっても、ある程度は自分(クーの)の抵抗力で
    何とかできないとダメ。薬にばかり頼ってたらあかん、いざという時、薬が効かへんで」


    と言われてしまいました。
    風邪ひきの状態でうちの子になったので、少し神経質になりすぎて
    いたかも。反省。


    そんな会話を、ちょっとビビりながらもしっかり聞いていたクー。


    どうやら、いつもと違う風景、普段聞かない人の声にストレスが
    発散されたようでした。


    病院に行って、ストレス発散する子も珍しいですね。


    そのせいかどうか分かりませんが、クーの食べる回数が減りました。
    少しずつ、フードの量を減らしていこうと思っています。



    目指せ!3キロ台!!メス猫の標準体重!!!



    というわけで、今日からクーのダイエット作戦開始です。



            スリムなボデー目指して、頑張るである!



    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 23:39 | comments(5) | - | - |
    血便でびっくり!
    4
    JUGEMテーマ:ねこのきもち


    こんばんは 月夜の黒猫です



    前回は失礼しました。

    留守の間にパソコンをいじって、ブログまで書いてしまうとは…。

    私ですら、再放送を何度か見ただけの古ーいアニメを
    「何で知ってんの〜」と思いきや、これまた留守中に
    ケーブルテレビで放送していたのを、2匹で見ていたみたいです。


    「名作やね〜」

    「それに関しては同感だ。…ん?こら!また勝手に!!」

    「ギャハハハハ」

    バタバタバタ…(走り去る音)


    ま…またしても失礼しました。

    こんな感じで、日々いたずらがエスカレートしています。



    その罰が当たったのかどうか…。今日のお題。


    クーが昨日、血便を出しました。





                   「だるいである…」


    昨日は朝から、ちょっと熱っぽいように感じていたのですが、お昼、
    トイレラッシュの時にゆるゆるの便と一緒に血が!!


    今までも、お腹がゆるい時はたまに血が混じることがありました。
    昨日は出血が、今までより多かったので便を持って病院へ。


    クーも連れて行こうかと思いましたが、写真のように熱でボーっと
    した顔をしていたので、お留守番してもらいました。


    病院に連れて行くと、ストレスでひどくなるかもしれないので…。


    病院での検査の結果は…





    異常なし!




    ほっと安堵のため息が出ました。
    もし、悪い病気だったら…とか考えてしまいましたから。


    悪い細菌や、寄生虫なども見つからなかったそうです。


    おそらく肛門に近い腸に(直腸とか?)に炎症があり、そこからの
    出血だろうとのことでした。


    お薬をもらって、様子見です。





                   「元気である」



    つい2時間ほど前の写真です。上の写真よりはしっかりした顔に
    なってるかな?


    いつもは寝る前に、おもちゃで一緒に遊ぶのですが今日は安静に
    してもらうために遊びはなしです。


    「我輩、元気であるのに―」

    「薬が効いてるだけや!」

    「ブーブー」


    しばらくブーイングしていましたが、今は諦めて寝てしまいました。
    クーの騒ぎに紛れてしまいましたが、この方





                 「おれのことも心配して…」



    この方も、ちょっと熱がありました。たぶん風邪だと思います。
    薬を1回飲んで、復活しました。


    鬱陶しい季節がやってきました。皆さんも猫ちゃんも
    お気をつけ下さい。



    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 22:12 | comments(8) | - | - |
    デビルイヤー
    7
    JUGEMテーマ:ねこのきもち


    こんばんは スーです。


    月夜の黒猫家恒例、突然ブログジャック!!


    今回は俺、スーが進行役や!


     


    日ごろ、俺らの秘密を暴露してる


    今日は俺が、の秘密を暴露や!






    実はうちの、デビルイヤーの持ち主なんや。


    この前、テレビで古ーいアニメを見たんや。


    それのオープニングで、「デビルイヤーは地獄耳」
    って歌ってた。


    「おお、まさにのことやないか」って思ったわ。


    何でかって言うたら、俺もクーも固いもん噛みちぎるのが
    好きなんやけど、にすぐ気ぃ付かれてまうねん。


    前にこんなことがあったんや。


    その日、は先生をしまい忘れて寝てしもたんや。


    俺は先生も好きやけど、先生についてる棒を狙ってた。


    いつもはが持ってるあれを、ポリポリかじりたい。
    も寝てることやし、しめしめと思てポリポリかじってたら…


    「なにポリポリやってる!?」


    ガバっと起き出してきて、あっという間に取り上げられてもうた…。




    俺の方がびっくりしたわ…。
    にはお見通し(お耳?)やったみたい。


    なんで、あんなに耳ええんかな…。


    がいる所でいたずらは出来ひんので、いたずらする時は
    こっそり2階とかでやってます。


    さすがに、1階におったら2階の音までは聞こえへんらしい。



           「スーちゃん、何しているであるか?」


    あ、クーが来ました。


    が留守の間に、ちょっとイタズラしたろと思て。」
    「また、怒られるであるよ?」


    「何々?デビルイヤーのこと?一緒に見たアニメであるな。
      でもこの歌、続きがあったであるよ」
    「どんなんやったけ??」


    「ウィングで空飛んで、熱光線出すとか何とか…」
    「ウイング!?今でも素早いのに!?」


    「そうそう、我輩たちがゲコゲコ(嘔吐の前触れ)やり始めると
      さっと下に広告が!」
    「ゲロゲロ〜の後は、丸めてポイ。太めのくせにめっちゃ素早い」


    「その上ウィングなど生えたら、の警戒範囲が広がって
      ますますイタズラできなくなるであるな…。」
    「あげくの果てには、熱光線やろ!?」


    「すでにチョップとキックはマスターしているであるから、
      カッターまで出されたら岩をも砕くそうである…。」


    「………」
    「………」


    「ただいま〜」


    「逃げろ〜!」


    ドタドタドタ…(走り去る音)


    「?」



    posted by: 月夜の黒猫 | イタズラ | 22:56 | comments(4) | - | - |
    暖かい日には
    6
    JUGEMテーマ:ねこのきもち


    こんばんは 月夜の黒猫です


    ゴールデンウィークが始まりましたね。


    今日はあいにくの雨でしたが、晴れた日の
    我が家の猫たちはこんな感じです。





    上の写真は日曜日のものです。


    絶好の布団干し日和で、普段は窓の前に
    置いてある籠ベッドも、籠ごと外で天日干し。


    代わりに座布団を置いてみたら、ちゃっか
    り2匹で座っていました。


    そのうち、暖かくなって手足を伸ばし
    始めたと思ったら、いつの間にかスーが
    座布団からはみ出して窓枠の上で寝ていました。


    座布団を独り占めできたクーはご満悦。

    窓枠の上でも気持ち良さそうなスー。


    しばらく日向ぼっこしながら、うたたねしていました。


               
               
               
                

    窓を開けると、外の風邪と一緒に音も
    入ってきます。


    2匹が、うたたねから飛び起きるほど
    反応したのが鳥の声。


    鳥も恋の季節なのか、チーチー、
    チュイチュイと大騒ぎ。


    電線に止まった鳥を見て、猫たちも大騒ぎ。





    「ケケケケー」
    「ウケーケケケ」
    「キョキョキョキョキョ…」


    誰がどの音を出しているのやら…。


    晴れた日は、いつもは聞かない奇妙な
    声が響き渡る我が家です。


    明日からは、いいお天気が続きそう。
    「ウケケケ」日和が続きそうです。


    みなさまも、楽しいゴールデンウィークを
    お過ごし下さい。


    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 21:47 | comments(4) | - | - |
    ポカポカ陽気の誕生日
    1
    JUGEMテーマ:ねこのきもち

    こんばんは、月夜の黒猫です



    今日はクースーの一歳の誕生日でした。


    冬の間閉め切っていた窓も今日は
    開け放し、お外見放題でした。



     



    ポカポカ陽気というよりも暑いくらい
    でしたが、寒いよりも暑い方が断然
    平気とでもいうようにケロッとしていました。







    一歳にはなりましたが、まだまだ表情も
    行動も幼いクー。


    ニュウコもそうでしたが、自分より幼い猫を
    見ないと大人の行動にはなかなかならないようです。


    野良では無いので急いで大人にならなく
    ても、ゆっくり大人になっていこうね。


    一歳になっても、写真写りの悪さはいつもの通り。
    泣かせの困った個性も健在です。







    あんた↑はやっぱり何気に写真写りいいね。


    相変わらずビビりですが、最近は少し
    落ち着きのようなものが出てきました。


    それでも遊ぶ時は激しいし、よく食べるし
    トイレはめちゃくちゃにするし…。


    まぁ、男の子だからこんなものかなと
    思っています。


    まだ若いのに、食が細くてあんまり遊ばな
    い、寝てばかりの方が心配になりますよね。







    誕生日に…というわけではなかったのです
    が、最近新しいおもちゃを買いました。


    というのも、スーが先生(カシャブン)に
    飽きてしまった(猫ドア通れるようにして
    もらったのに、恩をあだで返すスー)
    からです。


    鳥の羽根にプロペラが付いたものです。


    「男子は4回転時代!!」と言いながら、
    グルグル回されて、ピョンピョンジャンプ
    させられて、くたびれている写真です。


    スーは今、このおもちゃに夢中。








    おかげで、先生はクー専用になりました。




    去年の今頃は、まだ出会ってさえいませんでした。
    縁あって出会い、家族になりました。


    今年も一年、遊んで食べて笑って、時には
    マジケンカもして元気に過ごしてほしいと思っています。



    ※ お気づきの方もいるかもしれませんが、
     写真に写っている黒い枠は、サチコ、ミケ
     オケが使っていた外へ通じる猫ドアです。

     現在はテープで張り付けて、開かないように
     しています。なので、クースーは外へは
     行っていません。

    ※ 文中の4回転とは、フィギュアスケートの
      技のことです。
      ジャンプで飛び上がり、空中で4回転して
      着氷するという、とても難しい技です。
      スーのはただグルグル回るだけですが、
      目は回るようです。

      ちなみに女子フィギュアは3回転半が主流。
      クーも「女子は3回転時代!!」と言って
      回しますが、調子が良ければ4回転
      出来そうな勢いです。


    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 22:22 | comments(4) | - | - |
    大きな地震、初体験
    3
    JUGEMテーマ:ねこのきもち

    こんばんは、お久しぶりです。
    月夜の黒猫です


    今月は、というか明後日はクースーの
    一歳の誕生日なので、そろそろ更新を…
    と思っていた矢先に今朝の地震。


    幸い、大きな被害も出なかったみたい
    ですが、皆さんの所の猫ちゃんはどうですか?


    ショックで寝込んだりしていませんか?


    クースーは元気です。



    地震発生当初は私の布団で一緒に
    寝ていたのですが、グラグラッと揺れ
    出したとたんにクーは布団から出て硬直。
    スーは布団の中で硬直していました。


     
          写真はつい先ほど。午後8時のものです。


    その後、午前中はちょっとした音にも
    神経質になってビクビクしていましたが、
    お昼過ぎには復活。


    いつものようにご飯を食べて、水を飲んで
    トイレもして、家中を出たぞばしり。
    (出たぞばしりとは、トイレの後のダッシュ
    のことです。)


    取り付けた猫ドアが壊れるんじゃないか
    と心配になるくらいの勢いで、走り回っていました。





    おもちゃでもたくさん遊んで、上の2枚の
    写真は、そろそろ眠たくなってきている顔です。


    今(午後10時現在)はクースーとついでに
    母はすでに夢の中です。


    誕生日を前に、今日はちょっとしたサプライズでした。





    おまけ


    先月は雛祭りでした。ちょっと模様替えを
    してこんな写真が撮れました。




    おケツ雛です。



    キラりんさん、てんつくさん、
    charlottoさん、空ままさん、
    あおむくさん、コメントありがとう
    ございました。
    長々とお返事もせず、すみません。


    これからは、クースーの出番ももう少し
    増やして、訪問もできるようにしていきたいと思います。



    posted by: 月夜の黒猫 | クー&スー | 22:22 | comments(2) | - | - |